スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

たべネバッ!


うぐいすボールで有名なうえがきの
納豆あられ、たべネバッ!  買ってみました。

IMG_3166.jpg


江戸時代から食べられていた納豆
「納豆としじみに朝起こされる」
という川柳が詠まれたほど
納豆は古くからの定番メニューでした。
日本人に長年愛されてきた納豆のネバネバ感を
あられにした納豆あられは、まさに食べネバッ!



袋の後ろの宣伝文句・・・・

納豆あられ・・・どんなお味でしょう?

IMG_3167.jpg

見た目は普通のあられ
食べ始めは、サクサク、カリカリ・・・
ほのかに納豆の香り
噛むうちに・・・わぁお! ネバネバ~
ものすごくネバネバしてきます。
まさに納豆のねばり!  不思議~
味も納豆!  どうなっているのでしょう?
でも、美味しい、
ちょっとくせになる味かも


納豆好きにはたまらないな~

納豆のネバネバが苦手な人には我慢ならんかも・・・・
どうしてそこまでして、納豆を食べなきゃならないのと・・・

関西人は、納豆文化がもともとなかったためか
食べない、食べられない人が多いですね。
四国の両親も食べたくない派
発酵したというより腐ったってイメージが強いみたい。

スポンサーサイト
2012-06-12(Tue)
 

マシュマロのムース

ネットでみつけたレシピ

マシュマロの抹茶ムース
とっても簡単で、意外に美味しかったのでアップします。
IMG_2458.jpg

ついでに和菓子の鮎も作って、
和風のドルチェを気取ってみました。



マシュマロの抹茶ムース

続きを読む>>

2012-05-16(Wed)
 

ぶたぶたケーキ

シリコンの型がたくさん出回っています。

可愛いぶたの型を買ってしまいました。

IMG_1735.jpg
本来はチョコレートの型のようですが、
220度まで熱しても大丈夫なので、
先日の焼きドーナッツの生地を流して焼いてみました。
焼きドーナッツ

IMG_1737.jpg
ひとつひとつは小さいけれど・・・




集まれば、こんな感じ
IMG_1728.jpg
チョコで目,鼻をつければ、ぶたぶたケーキの出来上がり




袋に詰めて
IMG_1741.jpg
体調を崩した友人宅へ お見舞いに行ってもらいましょう。



矢崎存実のぶたぶたシリーズは 好きな小説です

主人公はバレーボールくらいの大きさのぶたのぬいぐるみ
名前は山崎ぶたぶた、ちゃんと妻も子もある生きたぬいぐるみ
見かけによらず、仕事は優秀、その時々の様々なシュチエーションで
出会った人々を癒し、幸せに導いていきます。

そんな ぶたぶたをイメージしてみました。

2012-03-18(Sun)
 

焼きドーナッツ

久しぶりに 焼きドーナッツを作りました。

焼きドーナッツの型を買った当初は
うれしくて、毎日のように焼いたものでした・・・

家族にあきられるくらい・・・

ちょっと凝り性の私です。



随分前のことだから、久しぶりにいいかな・・・


P1120283_20120309065730.jpg


むふふ・・・ ホワイトチョコをコーティングしてみました。かわいい!

ヨーグルトにキンカンの甘煮を混ぜたものと果物を添えて

いかがでしょう


でも、作るたびに思う事・・・
これは、ドーナッツの形をしてるけど、
昔なじみのドーナッツとは、違うな~ということ

ドーナッツはやっぱり、油で揚げて、生地からじゅわ~と
油がしみてくるのが、本物だよね・・・

かなりカロリーが高いけど・・・



続きを読む>>

2012-03-09(Fri)
 

春の浮島

今日は朝から雨が降っていました。

季節の変わり目は雨が多い

そろそろ暖かくなってくれるのかな・・・

和菓子を作りました。


春の浮き島
IMG_1467.jpg

浮島は湖の水面を漂流する小さな島。
このお菓子は、タネを蒸し上げると〝モコッ〟とふくらむことから、
こつぜんと現れる浮島の名前を借りたものと言われています。

餡を生地に混ぜて蒸し上げたお菓子です。

待ち遠しい春を意識して、三色にしてみました。

しっとり、ふんわりした生地が、
口の中でふわっと溶けます。

和菓子は名前も大切



春日和 なんてどうでしょう?


角形セルクル(15x15x5cm)・・・1台分

材料
白あん   300g
卵     3個
砂糖    75g
上新粉   18g
薄力粉   18g
抹茶    小さじ2
水     大さじ1
食紅    少々
甘納豆   適量

作り方
下準備  *型にクッキングシートを敷く
     *卵黄と卵白を分ける。
     *上新粉と薄力粉をあわせてふるっておく。
     *砂糖をふるい、55gと20gにわける。
     *抹茶を水で溶いておく。
     *食紅を少量の水で溶く。
     *蒸し器を火にかけ蒸気が上がるようにしておく。

1 卵黄に白あんを入れ木べらでまぜ、混ざったら砂糖55gを加えよく混ぜる。
2 1に上新粉と薄力粉を加え混ぜ、3等分する。
3 2の生地のひとつに抹茶の溶いた物を加えよく混ぜる。
  もうひとつの生地に食紅を溶いた物を混ぜる。
緑色抹茶生地、桃色の生地、そのままの黄色の生地の三色
4 卵白に砂糖20gを入れ9分立てにし、3等分する。
5 3の生地(抹茶、食紅、そのままのもの)それぞれに
4の卵白を加え泡を消さないようにふんわり混ぜる。
6 クッキングシートを敷いた型を蒸し器に入れ、
  抹茶の生地を流し入れ、ゴムベラでならす。
7 甘納豆をまんべんなく散らす。
8 食紅の生地を7の上に流し入れならし、甘納豆を散らす。
9 残りに生地を8に流し入れ、ゴムベラでならす。
10 蒸し器のふたに布巾をかけ、ふたの間に箸をかませ
  強火で10分蒸す。
11 箸を取りさらに20分蒸す。
12 蒸し上がったら、型をクッキングシートを外し、
  濡れ布巾をかけ、バットでふたをして、冷ます。
13 完全に冷めたら、カットする。
  乾燥しやすいので、ラップに包みましょう

     







2012-02-25(Sat)
 
プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。