スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

キムチ入り玉子焼き

久しぶりのブログ更新です。 
6月も最後の週になろうとしています。

早い~ 一年の半分が過ぎてしまうのです~
年をとればとるほど、
時間が過ぎるのが早いと言います。  
う~ん・・・ 
こんなに早く感じるのは、年のせい?!  





ここ2,3日急に暑くなりました。

埼玉県熊谷市では、今日の午後 なんと最高気温39・8度
6月の国内観測史上最高記録だそうです!


暑い! あまりにも暑いです!

こんなに急に暑くなっては 体がついていけませんね。

元気の出るもの食べなくちゃ

母から届いたキムチを使って
玉子焼きを焼きました。

母のキムチ 
急に気温が高くなったせいもあって、
熟成がすすんで、酸っぱくなってきました。
こんな時は 加熱して食べた方が美味しい


白菜のキムチ入り玉子焼き
P1200578.jpg

材料
キムチ 好みの量
卵    3~4個
ごま油  適量
ネギ(またはにら) 好みの量


作り方
1キムチは細かく切ります、ネギは小口切り、
2卵を解きほぐし、刻んだキムチとネギを入れ混ぜる。
3フライパンに多めのごま油を敷いて、よく熱し、2を流し入れる。
4弱火にして、フタをして蒸し焼きにする。
 裏返し裏も焼き、適当な大きさに切り分ける。
*食べる時、マヨネーズを少しつけても美味しいです


スポンサーサイト
2011-06-24(Fri)
 

ノビル味噌


川土手を歩いていたら、野蒜(のびる)を見つけました。
P1190336.jpg
もうすぐ花が咲きそうです。

早春の頃の野蒜は、柔らかくて美味しい春の味
ここまで大きくなると食べるのはちょっと無理かな・・・

P1190337.jpg

それでも、なんだか食べたくなって、少しだけ取ってきました。
地下の球根は大きくなってます。

このまま茹でて食べるのは堅そうなので、野蒜味噌を作ってみました。
P1190344.jpg

続きを読む>>

2011-04-26(Tue)
 

タチワケ(ナタマメ)

実家からタチワケ(ナタマメ)の味噌づけが送られてきた。
P1150997.jpg

薄くスライスして食べます。
P1160004.jpg

滋味深い味
大人なってから好きになった味。
塩分が強いので、たくさんは食べられませんが、
温かいご飯に合います。
お茶漬けのお伴にもいいな~

タチワケの若い実をさやごと使って作ります。
味噌漬け、ぬか漬けなど

福神漬けの中にも入っています。
打出の小槌のような形をしています。
打出の小槌の形だから 福神漬けに入ってるのでしょうか?
そもそも福神漬けはなぜ 福神漬け?

福神漬けの由来を知りたい方は  
福神漬け

P1160002.jpg
打出の小槌に見えるかな?



完熟させて取れる豆は、
古くから膿を外に出す作用があると言われています。
最近 この豆でつくったお茶が注目されているらしい・・・
ナタマメ茶、血行促進、アレルギーにも効果あるらしい




この豆は根元のほうから上の方へ花をつけ実をならせ今度は上から
根元に向かって実を生らせます。
元に戻るという意味合いから 戦時中は出生兵士に
無事に帰ってくるようにと願って、持たせたそうです。


母から味噌漬けの作り方を聞きました。
いつも正確に分量を量って作る事はしないので
量も時間も適量、適当です。
 

続きを読む>>

2010-10-11(Mon)
 

へちま

子どもの頃から食べているもので
時々無性に食べたくなる味があります。

私にとって ヘチマの味噌煮がそれ・・・

ヘチマって食べられるの? とお思いのあなた
食べられるんですよ。

大きく育ったしまうと タワシにしかならないのですが、
少し若い実を調理します。

先日 実家からヘチマが届きました。
神戸ではあまり見かけないので、
食べたくなったら、実家に頼むしかないのです・・

それも、夏限定
P1150804.jpg
おいしいんですよ
とろ~んとしてて、なんとも頼りない感じなんですが
そこがいい。
何に似ているかな~ しいて言えば、ナスの皮を剥いたものかな・・・


ヘチマの味噌煮の作り方は・・・・



続きを読む>>

2010-09-27(Mon)
 

かからん団子

この季節になると 母がよく作ってくれた かからん団子

だんごをかからんの葉(山帰来、サルトリイバラ)に包んで
蒸したもので、鹿児島では、これが子どもの日の「かしわ餅」。

もともと柏の木は 関東以北の木なので、
手に入りやすい かからんで作られたのでしょうか?

かからん(山帰来)の葉には ほのかな香りがあるので、
包んで蒸すと なんとも言えない香りがつきます。

殺菌作用もあるので、作られたお団子も痛みにくい
昔の人は、経験で知っていたのでしょうね

母はもともと鹿児島の出身、母にとっては故郷の味
祖母の味です。
私の家では、あんこを練り込んでいましたが、
他にもよもぎを入れたり、白いお団子で中に餡が入ったものなど
それぞれの家庭の味があるようです。

先日、お天気の良い日に
サイクリングに行った里山で、
かからんの葉を見つけました。
久しぶりにお団子を作ろうと 取ってきました。
P1120192.jpg

かからん団子の作り方は・・・・・

続きを読む>>

2010-05-07(Fri)
 
プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。