スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

足立美術館

蒜山から大山へ
そして島根にある足立美術館を訪ねました。

P1230591.jpg

P1230590.jpg

「庭園もまた一幅の絵である」という創設者 足立全康の思いをそのまま形にした美術館
米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で
初回の2003年から8年連続で「庭園日本一」に選ばれています。
世界が認めた日本庭園です。

ちなみに2010年の順位は・・・・
1位 足立美術館(島根県)
2位 桂離宮(京都府)
3位 養浩館(福井県)
4位 栗林公園(香川県)
5位 無鄰菴(京都府)

その見事な庭園はどの角度から眺めても
苔はもちろん草の一本にいたるまで、隙がない様に見えました。

手入れをされている方は大変でしょうね~

P1230608.jpg
遠くに見える山を庭と一体化させて
これぞ!借景!!

P1230600.jpg

素人の私が撮っても、カレンダーを作れそう・・・
P1230617.jpg

窓を額縁の見立てて
・・・・う~ん あんまりうまく撮れませんでした・・・
P1230624.jpg



庭園も見事ですが、
所蔵されている美術品も素晴らしい
横山大観をはじめとする日本画そして魯山人や河井寛次郎の焼き物
新館もできて、この日は院展に入選した若手の作品が展示されていました。

見所がたくさんありすぎて、時間が何時間も欲しい感じ・・・・
でも、美術館や博物館って意外と疲れるのですよね
2時間半まわって、連れ合いに疲れが見え始めたので、帰途につくことに・・・





展示されていた作品の横に添えてあった河井寛次郎の言葉が
とても印象に残ってので、書き留めてみました。



続きを読む>>

スポンサーサイト
2011-10-31(Mon)
 

修行中

お宿は大山レークホテル
小さな湖のほとりにある静かなホテル
P1230570.jpg


朝、湖のまわりを散策していると
白い大きなワンコがかけてきました。
P1230554.jpg

続きを読む>>

2011-10-30(Sun)
 

大山

四国より両親が遊びに来たので、足をのばして
蒜山高原から大山へ行ってきました。


お天気が心配でしたが、
晴れ男、晴れ女の義父母のおかげで
降水確率70%をはねかえし、気持ちのよいドライブが楽しめました。
P1230351.jpg
蒜山高原
空の色、流れる雲、広がる牧草地 
時間の流れもゆったり、まったり



白樺の林
P1230349.jpg

見上げた白樺が空を突き抜けるように伸びてた
P1230362.jpg


巡り合わせもあるのでしょうが、
私たち夫婦は、雨男、雨女であるらしく
結構大事な場面では、必ずと言っていいほど雨が降ります。
結婚式をはじめとして、たまたまとは思えない確率です。

最近は 干ばつで大変ところに行ったらひょっとして人助けになるかも
と半ば本気で考えています
それに引き換え、義父母は ここぞと言う時、
不思議と晴れになるのです。例え雨が降っていても
外を歩き始めると雨があがるとか・・・・

では・・・
晴れ男と雨男が一緒に出かけるとどうなるか・・・
どうやら 義父母の運の方が強いのか 必ず良いお天気です。




本格的な紅葉には、もう少しですが、
すすきや少し色づき始めた木々の後ろに見える大山が
雄大です。

P1230379.jpg



鬼女台の展望台からは360度のパノラマを楽しむ事が出来ます。
P1230388.jpg


ブナの林
P1230414.jpg



P1230416.jpg

P1230422.jpg

針葉樹と広葉樹のコントラスト
P1230428.jpg


大山スキー場
P1230454.jpg
やぎが一心不乱に草をはんでいました。


雄大な自然を前にすると
日常の不満やストレスがとるに足らない事に思えてきます。
2011-10-30(Sun)
 

島カボチャ

実家から カボチャが届きました。



これは多分 島カボチャ
IMG_0115.jpg



島カボチャは沖縄のもので、日本カボチャの一種です。
西洋カボチャのようなほくほくしたタイプではなくて、 
粘質のあっさりしたタイプ。

中のオレンジ色が綺麗なので
パンプキンスープにしてみました。

続きを読む>>

2011-10-27(Thu)
 

華麗満月

播磨屋本店の 華麗満月
IMG_0130.jpg


ほっぺたも落ちるカレーせんべい
IMG_0132.jpg


本当に落ちるかな?
IMG_0133.jpg



サクサク、カリカリッ
ちょっぴり 懐かし味
駄菓子屋さんで買ったカレーせんべいに似てるかな?
もう少し上品かな・・・


カレー味だから
華麗・・・

カレイ・・・で思い浮かぶのは

最近よく聞く
加齢・・・

足や腰が痛くなって行った病院でも
『加齢によるものですね~』

あれもこれも 原因は加齢って事が増えました。

華麗は素敵だけど、加齢は・・・・
仕方ないけど ちょっと悲しい・・・
2011-10-26(Wed)
 

柘榴(ざくろ)

最近ますます元気になった義母は
今まで以上にちぎり絵の制作に意欲的です。

あの元気はどこからくるのでしょう・・・
気力と意欲、見習わなくちゃ

昨年の手術以降、リハビリも無理せずされど毎日欠かす事がないので
最近は手にもった杖が、地についていないこともしばしば・・・
宙でぶらぶら・・・
もたなくても歩けるのだけれど、
(用心のために持っている)

この分でいくと100才も軽くクリアしそう・・・
有り難いことです・・・でも・・・

私ついていけるかな~

最近物忘れの多くなった自分に自信がもてません。

そんな私に ちぎり絵は 脳の老化防止だからと
すすめる義母です・・・

・・・・

う~ん 確かに効果あるのかも・・・





柘榴の実
義母の少し前の作品です。


P1160598.jpg

柘榴の種は 本当に美しい赤い色
一粒一粒取り出して並べてみると 
深い透明な紅色がまるで宝石のようです。
ルビーを柘榴石と呼ぶのがわかります。
美しすぎて 妖しい感じすらします。


 

 

 

 

 
2011-10-25(Tue)
 

狛犬

神様を守るために、神社の入り口、または拝殿の前に左右一対で置かれている狛犬

一口に狛犬といっても、神社ごとにいろいろな狛犬がいて
その出会いが神社に参拝する楽しみでもあります。

世の中には、狛犬好きは結構多いようで、
愛好会のようなものもあるそうです。


狛犬の起源はインドや中央アジアに棲息していたライオンであるといわれ、
昔、日本に高麗(こま)を経て伝えられたので、高麗犬(こまのいぬ)が
狛犬と呼ばれるようになったそうです。
もともとは、「左に獅子、右に狛犬」を一対としていたようですが、
今では獅子と狛犬の違いはなくなって、
両方とも「狛犬」と呼ばれるようになりました。

普通、狛犬は右に口を開いた「阿形(あぎょう」、左に口を閉じた「吽形(んぎょう」が配置されます。
狛犬の足元に玉を置いていたり、子供の狛犬をあやしているものがあって
「子取り」、「玉取り」と呼ばれるのだそうです。


狛犬は神様のお使いでもあるので、
神社によっては そのお使いが犬にかぎらず、
例えばお稲荷さんだったら、きつね
弁天様はへびなど お祭りしてある神社でその形もかわるようです。

とは言え、ほとんどは
こんな感じの狛犬です。
146px-ItsukushimaKomainu7375.jpg
厳島神社の狛犬

ライオンがモデルですもんね
雄々しい!

ご近所で・・・
そんな私のイメージを打ち破る狛犬に出会ってしまいました。

続きを読む>>

2011-10-24(Mon)
 

茶房 都路里

毎月21日は東寺の弘法市の日
友人と京都の東寺弘法市に行って来ました。


IMG_0108.jpg
10月も終わりに近いというのに暑い一日でした。
お天気にも恵まれて、人出も多く市も大盛況。

残念ながら 中の写真はお店を眺めたり
人出にもみくちゃにされて撮り損なってしまいました。

何年か前に行った時より骨董屋さんが減っている気がしました。
不況の影響でしょうか・・・




弘法市にいく前に京都駅の伊勢丹にある茶房都路里に寄って
噂のパフェをいただきました。
image1.png
いつもはものすごい人の列で1時間待ちは当たり前だそうですが、
10時の開店直後だったので、すんなり入れました。

わ~い! わ~い!


窓際のカウンター席で、京都タワーを見ながら


IMG_0101.jpg



特選 都路里パフェをいただきました。
IMG_0103.jpg

お味は・・・・


もちろん メチャ美味しい!


抹茶の味がすご~く濃い やっぱり辻利のカフェですね


茶房都路里
所在地 下京区 京都伊勢丹 6階
電話番号 075-352-6622
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
2011-10-21(Fri)
 

コリンキー

Nu梅田にある滋賀の野菜を売ってるお店で 
コリンキーというカボチャを買いました。





ポリンキー ?   
headimg-polinky.png
じゃなくて・・・



こちら


IMG_0090.jpg


コリンキー 
西洋カボチャと日本カボチャをかけ合わせて作られた新しいカボチャです
皮も食べられるそうです



お店の説明によると 生でお刺身が美味しいらしい

で、チャレンジ!




IMG_0095.jpg

オレンジ色がきれい



サクサク・・・
味はカボチャというより 瓜
さくっとかじった時、ほのかにカボチャの香り

 いけるよね これ!


 う~ん、刺身はやっぱり魚がいいな!
  刺身というより サラダだねこれ

 そうなんだけど、
  そこはほれ・・・ 
  生で食べるからお刺身風ということで


結局 お刺身はあまり好評ではなかったので

残りを消費するために

お漬け物にしてみました。

続きを読む>>

2011-10-20(Thu)
 

ユウガギク

花をつぶすとその香りが柚の香りに似ている所から
柚香菊(ユウガギク)と名付けられた花

P1230197.jpg


一般的に野菊と呼ばれている花です
P1230219.jpg




秋風に揺れている姿に 野菊の歌を思い出しました。




美しく たおやかな日本語
心も澄んでくる気がします。




花言葉は 天真爛漫






2011-10-19(Wed)
 

十月桜

この季節に桜?
不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
これは大抵 十月桜か冬桜で、
決して桜がぼけて咲いているわけではありません
たまに狂い咲きをしている桜もありますが・・・

P1230206.jpg



薄桃色の八重咲きの花
P1230207.jpg

十月桜は全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲いて、
残りは春に咲きます。
ポツポツとしか咲きませんから、
普通の桜に華やかさは少ないかもしれません
でも 年に2回も楽しめる桜なのです。




同じように今の季節から冬まで咲く冬桜というのがあります。
十月桜と冬桜は似ていますが
花弁と花びらの数が違います。
十月桜は 八重咲きで 花びらは5~18枚
冬桜 は 一重で、花びらは5枚 です


秋の澄んだ空気を吸って可憐に咲く桜
ちょっとすました少女のよう

花言葉 「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」




2011-10-19(Wed)
 

ナンバンキセル

神戸市立森林植物園で
珍しい秋の草花に出会いました。

ナンバンギセル
P1230169.jpg

ナンバンギセルはハマウツボ科の一年草で
イネ科やカヤツリグサの根元に寄生する寄生植物です。
名前はその形がキセルに似ている事に由来しています。

またの名を 頭を垂れて咲く姿から「思ひ草」。

万葉集 読み人知らずの一句
道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ


花言葉は 「物思い」

首をかたげて何を物思うのでしょうね
秋の花は色さえも何処かはかなげで、
趣き深いものです。
2011-10-18(Tue)
 

池の紅葉

森林公園の池です。
P1230299.jpg

まだまだ紅葉の見頃には、早いのですが
少しづつ 少しづつ 秋が深まっています。


睡蓮も色づいて
P1230302.jpg

池の中も 秋
P1230303.jpg

今まで気がつきませんでしたが、
睡蓮も紅葉するのですね。

睡蓮は花の季節も美しいのですが、
秋の紅葉も見事です。
2011-10-17(Mon)
 

うどん県

香川県の名物といえば、讃岐うどん
誰に聞いても今や知らない人はいません。


そんな訳で・・・ どんな訳?
香川県をPRする最強のものが登場しました。

知っている人は知っている?
アクセス数は一日で17万件!

教えてもらって 私もアクセスしてみました。

だれが考えたのかな?


香川県をうどん県に改名するアイデア
インパクトありすぎです。

のぞいて見た事ない人へ
どうぞ!

うどん県



要潤って、香川県出身だったんですね~ 知らなかった・・・・

2011-10-17(Mon)
 

メロン日記5

先月終わりから、家を留守にすることが多く、
このままでは、メロンちゃんの事が心配なので、2週間ほど友人宅に
お泊りに行ってもらいました。



P1220992.jpg

元気にしていてね! メロンちゃん





あれから 2週間・・・・・ 

メロンちゃんは どうなったでしょう?

続きを読む>>

2011-10-16(Sun)
 

秋祭り

先週末 四国に帰ってきました。

町は秋の祭り一色

コンチキチン、ドン、ドンコドン・・・・
朝早くから町内を祭り囃子の音が響いていました。
お囃子を引き連れた獅子舞いが家々をまわります。

P1230032.jpg
家内安全や厄よけ祈願

P1230017.jpg
この日のために 子どもたちも夜遅くまで稽古に励んだはず
晴れの舞台です

P1230040.jpg

打楽器はリズム感が勝負


P1230067.jpg
からす天狗の面をつけたダカ 神様のお使いです

P1230080.jpg
怖い顔をしている天狗さん
女の子にはやさしいのかな?

小さい子は ダカや天狗さんが怖いので、余り近寄らないのですが、
少し大きくなると ちょっかいを出して、追いかけられたりしています。


P1230097.jpg
 
本宮を出発した御神輿が 御旅所の神社に到着すると
祭りは一気に加熱します。

P1230114.jpg
町内をまわっていた獅子舞たちが 一斉に集まって 最後の舞いを奉納します。
土曜日曜と連日つづいた獅子舞いも最後の晴れ舞台
踊りにも力がはいり、太鼓や鐘の音も最高潮に達します。


年々、参加できる人数が減っていて、この先のことが心配ですが
いつまでも、いつまでも 続いて欲しい行事です。









2011-10-16(Sun)
 
プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。