スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ミルクキャット

いつものお散歩コース
いつものにゃんこ

牛乳箱の上で、ご挨拶

securedownload-2.jpg
おっと! 後ろむき


securedownload-6.jpg
おはようにゃん


securedownload-1.jpg
ニャンで牛乳箱の上にいるかって?
ミルクキャットにゃん



securedownload-9.jpg
もちろん なぜてほしいからにゃん
ちょっとでも高い方が、なぜ安いにゃん

E58699E79C9F-2.jpg
あ~ そこそこ

securedownload-7.jpg
もっと、もっとなぜておくれ~

E58699E79C9F-1.jpg
あ~ そこだにゃん

E58699E79C9F.jpg
たまらんにゃ~

securedownload-8.jpg
ぐいっ! 可愛すぎて思わずつかんじゃった・・・ごめん
つかみ心地いいな・・・ちょっと太ったじゃないの?



securedownload-3.jpg
失礼ニャン

でも、また来てにゃん


いつ会っても可愛い・・・どちらかというと
ブサかわいいにゃんこ
不細工でも、愛想は抜群!! 癒されるな~ 

時々無性に会いたくなります。

スポンサーサイト
2012-06-14(Thu)
 

たべネバッ!


うぐいすボールで有名なうえがきの
納豆あられ、たべネバッ!  買ってみました。

IMG_3166.jpg


江戸時代から食べられていた納豆
「納豆としじみに朝起こされる」
という川柳が詠まれたほど
納豆は古くからの定番メニューでした。
日本人に長年愛されてきた納豆のネバネバ感を
あられにした納豆あられは、まさに食べネバッ!



袋の後ろの宣伝文句・・・・

納豆あられ・・・どんなお味でしょう?

IMG_3167.jpg

見た目は普通のあられ
食べ始めは、サクサク、カリカリ・・・
ほのかに納豆の香り
噛むうちに・・・わぁお! ネバネバ~
ものすごくネバネバしてきます。
まさに納豆のねばり!  不思議~
味も納豆!  どうなっているのでしょう?
でも、美味しい、
ちょっとくせになる味かも


納豆好きにはたまらないな~

納豆のネバネバが苦手な人には我慢ならんかも・・・・
どうしてそこまでして、納豆を食べなきゃならないのと・・・

関西人は、納豆文化がもともとなかったためか
食べない、食べられない人が多いですね。
四国の両親も食べたくない派
発酵したというより腐ったってイメージが強いみたい。

2012-06-12(Tue)
 

紫陽花

近畿も梅雨に入りました。

紫陽花の季節です。
義母に教えてもらって、紫陽花の花を
はり絵にしてみました。

かなり修正してもらって、紫陽花らしくなりました。

IMG_3114.jpg

むずかしいな~・・・


紫陽花の花をみると思い出す歌

グレープの紫陽花の詩
懐かしい~

え? グレープ知りません?
知ってるかどうかで、年齢がわかるな~


紫陽花の詩    さだまさし

蛍茶屋(ほたるぢゃや)から鳴滝(なるたき)までは
中川抜けてく川端柳
他人(ひと)の心を胡麻化す様に
七つおたくさ あじさい花は
おらんださんの置き忘れ

思案橋から眼鏡橋
今日は寺町 廻ってゆこうか
それとも中通りを抜けてゆこうか
雨が降るから久し振り
賑橋からのぞいてみようか

南山手の弁天橋を
越えて帰るは 新地を抜けて
出島の屋敷は雨ばかり
むらさき 夕凪 夢すだれ
むらさき 夕凪 夢すだれ 

2012-06-11(Mon)
 

変わる

先日行った合羽橋で見つけたポスター


IMG_2633.jpg

黄門様も若い頃があったんだ~  かっこいいね っていうか
今もかっこいいけど・・・

でも、交通安全に笑顔ありって、どんな歌?
交通標語みたいな詩なんでしょうか?
気になるな~


みんな、みんな 若い頃があった・・・
最近、世間を騒がしている あの人たちにも
でも、
指名手配の写真と今の本人があまりに変わってしまって、
見分けられる人は少ないんじゃないかな・・・


月日は、姿形を随分変えてしまうものなんですね
都合かいいのか、残酷なのか・・・



先日、四国に帰った折り、昔の写真を整理していたら
結婚前の私と旦那の写真が出てきた・・・・
若~い、30年くらい前だもんね 当たり前だね

その写真を見た義母が

「この女の人、だあれ?」

「お母さん、私です」

「あら~、もう 随分変わったわね」

「・・・・」

義母さん、もうって どういう意味?  随分って・・・・




2012-06-08(Fri)
 

ハタハタ 一夜干し

近所のスーパーで、ハタハタが安かった。


IMG_3115.jpg
一盛り 150円  わぁ~い! 安い
私の育った南九州では、あまり目にする事のない魚
慣れない物は、なかなか手がでませんでしたが、
値段の安さにつられて、買ってみました。

城崎出身の友人に一夜干しの作り方を教えてもらい
作ってみました。



IMG_3117.jpg
頭と内蔵を取って、3%の食塩水に10分漬ける。
(本当はつぼ抜きといって、魚の口から割り箸を使って内蔵を取ると良いらしい)

 
IMG_3118.jpg
水気を取って、ザルに並べ、風通しの良い所に一晩置きます。



じゃ~ん  今朝 ちゃんと出来てました。
早速あぶって、試食!
IMG_3137.jpg
レモンを少し絞って、パクッ・・・・

うまっ!!

骨離れもいいし、白身がぷりっとしていて
何匹でも食べられそう!

ハタハタ、とっても美味しいお魚です。

これから、お店で見かけたら、どんどん買っちゃいそう・・・

2012-06-07(Thu)
 

かえるの日

今日6月6日は カエルの日

かえるの鳴き声「けろ(6)けろ(6)」の語呂合わせから、
「かえるの友の会」の会員である作家の矢島さらが1998年に提唱したのだそうです。

かえるの友の会?

有形無形蛙を愛する人の会。

かえる友の会ホームページ


お~ 面白そう! 入っちゃおうかな・・・・ケロケロ
2012-06-06(Wed)
 

ユキノシタ


ベランダのユキノシタが、
小さな白い花をたくさん咲かせています。


IMG_3068.jpg

ユキノシタの名前の由来は
雪が上につもっても、その下に緑の葉があることから
「雪の下」と名付けられたという説、
また、白い花を雪(雪虫)に見立て、
その下に緑の葉があることからとする説があるそうです。

IMG_3070.jpg

小さな白い花ひとつひとつが、女の子のようです。
風に揺れると さざめきながらダンスを踊っている様に見えます。


花言葉は
「愛情」「好感」「切実な愛情」「軽口」「無駄」




2012-06-05(Tue)
 

梅醤(うめびしお)

昨日の梅ジュースを取ったあとの梅の実

いつもなら、梅ジャムにするのですが、
今回は、醤油と混ぜて梅醤を作りました。


これが、本当に美味しいの!
いろいろな料理に活躍してくれそうです。

作り方はとっても簡単
IMG_3095.jpg
梅の果肉と種をわけます。

IMG_3096.jpg

梅の果肉に醤油を入れます。
醤油は九州の甘い醤油を使いましたが、
普通の濃い口にみりんを足した物でもオッケー

梅200gに対して 醤油は100cc 使いました。

IMG_3097.jpg

木ベラでよく混ぜます。梅の果肉が柔らかくなっているので、
混ぜて行くうちに簡単にペースト状になりました。
梅の入れ物は、必ずホロー、ガラスなど酸が強いので
その影響を受けない物を使いましょう。



さて・・・ 最後に残った種

これも使い道がありました。

IMG_3102.jpg


種を割って中の仁(天神様)を取り出します。
くれぐれもこのまま食べないこと!(生は微量に青酸を含んでいます)
これをジュースに戻します。
IMG_3103.jpg

とっても香りがいいの

いかがでしょう。
2012-06-03(Sun)
 

梅ジュース

実家から青梅が届いた。
IMG_3073.jpg


ほとんど何も手をかけていないので、
市販の物より、傷やあばたが多いかな・・・

でも、母の心づくし


さて、何を作りましょうか・・・・



IMG_3086.jpg


梅酒はもちろん、今回は梅黒酢も作ってみた。
梅と黒酢と黒砂糖を交互にいれて、待つ事3ヶ月
さて、どんなお味に出来上がるかな? 楽しみ~

もうひとつ、楽天レシピで見つけた梅ジュースの作り方
なんと! 一晩で梅ジュースが完成するというもの

前々から作ってみたかったので、チャレンジしてみました。

作り方は、梅と砂糖を炊飯器に入れて、保温で一晩置くだけ!

楽天レシピ 梅ジュース



オ~なんと簡単! 本当に出来るかな?

続きを読む>>

2012-06-02(Sat)
 

壁に耳あり

合羽橋で一休みしたカフェ
隣の席に座ったおじいさん二人の会話

おじいさん A 「今度の祭りの仕出しは、あの居酒屋に頼むんだろ?」

おじいさん B「そうそう、あそこだよ」

       「あそこのおかずはうまいんだよね~」
      
      「やっぱり、女将の腕がいいんだろ」
     
      「材料がいいんだろうな・・・」

      「あの女将、いい女だよね。」

      「揚げ物なんて絶品、きっと油いいんだな」

      「うん、いい女だな、男好きのする顔してるんだよね」


同じお店の話をしている二人・・・でも内容が、微妙にずれてます。
興味の対象が違うのでしょうね・・・
お互いかまわず 会話は続きます・・・・


続きを読む>>

2012-06-01(Fri)
 
プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。