スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ナンジャモンジャの木

神戸市北区にある若木植木園

ナンジャモンジャの木
IMG_1268.jpg
雪のように白い花が満開です。

ウキペディアによると
ナンジャモンジャとは、見慣れない立派な植物、
怪木や珍木に対して地元の人々が付けた愛称。
特定の植物の種名ではない。
ヒトツバタゴを指すことが多いが他の樹種の場合もある。
あんにゃもんにゃとも。

あんにゃもんにゃ?

ナンジャモンジャと名付けられる植物の樹種は、
ヒトツバタゴのほか、ニレ、コレ、イヌザクラ、ボダイジュなど様々である。
ナンジャモンジャと称される理由について、
民俗学では、元々は占いや神事に利用されていたもので、
植物名で直接呼ぶことが憚られたものではないか、とみる説などがある・・・だそうです。


では、ナンジャモンジャって?
何といふ物じゃが 変化して、ナンジャモンジャとなったらしい。

ふ~ん、面白いね

名前の由来に面白いエピソードがあって、
昔、水戸黄門が時の将軍に「あの木は何という木か」とたずねられ、
その返事に窮してとっさに「なんじゃもんじゃ!」と答えたとか・・・

さすが、黄門様


さて、この木の本名は
「ヒトツバタゴ」というモクセイカ科の落葉高木
一つ葉のタゴ(タゴはトネリコのこと)という意味。


IMG_1269.jpg
白い花はプロペラのような形をしています。
木を覆うように咲いて、風に優しく揺れていました。

対馬には群生地があって、国の天然記念物に指定されているそうです。
いっせいに咲いたら見応えがあるでしょうね。


花言葉は 清廉

スポンサーサイト
2012-05-24(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

なんじゃもんじゃって言うのね~
もの凄く珍しいのかしら
私、どこかで見たような気がする
凄くきれいだったけど
場所は忘れた(^^ゞ
2012-05-24 09:05 | babatyama | URL   [ 編集 ]

Re: 

babatyamaさんへ
コメントありがとうございます。
どのくらい珍しいのでしょうね
自生している木は、少ないようですよ。
レッドデータブック(絶滅危惧種)に載っているそうです。
東京だと明治神宮外苑にあるとか。
2012-05-24 21:45 | hanakaji | URL   [ 編集 ]

プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。