スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

千両みかん

P1050218.jpg
実家の庭の八朔の木に 取り残された実が
たった一つだけ残っていました。

普通、八朔の時期は3月~4月
6月もそろそろ後半のこの時期に 
果たして 食べられるのでしょうか?

見た目は 普通のものと変わりがありません。
むいてみましょう・・・・

P1050244.jpg
おぉ 何と言う事でしょう!

味も形も 八朔そのもの!
おまけに 完熟するまで木になっていたので
酸味がおさえられ、しゃっきとした歯ごたえはそのままで
おいしいのです。

落語の話に『千両みかん』というのがあります。
商家の若旦那が 真夏に みかんを食べたくなって
気の病にかかってしまいます。
番頭が必死に探しまわって、やっと見つけたみかんの
値段が千両、今の値段で一億円くらいでしょうか?
みかん1個に1億円・・・それくらい貴重なものということ
なんでしょうが・・・

この八朔も 値千金くらいの 値打ちはあるかもしれませんね
これを食べたら 長生きできそう・・・
スポンサーサイト
2009-06-24(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。