スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ヒゴタイ

六甲高山植物園にヒゴタイの花を見に行きました。
和名の平行帯は中国から伝えられたとのことで、中国宋代呉国の地名と関係があるという説もあります。
ヒゴタイは中国大陸が原産、キク科の多年草で、アザミのようなトゲが特徴です。
花屋でみかけるルリタマアザミに似ています。

氷河時代の生き残り植物の1つといわれ、
日本が大陸に陸続きであったときには、各地に広く分布していたようです。

しかし、現在では生息地も限られ、環境省レッドデータブックに登録された、
絶滅が心配されてる植物です。



花言葉は 鋭敏
私はお花屋さんで売っているルリタマアザミしか知らなかったので、
最近の花だと思っていましたが、
むかしは きっと普通にそこらに見られた花なのでしょう、
平安時代の人々はアリクサ、クロクサ(乾燥すると葉が蟻のように黒くなるところから)
と呼んでいたそうです。

スポンサーサイト
2009-08-26(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。