スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ずいき(いもがら)の煮物

実家からいもがらがたくさん送ってきました。
私の実家の方では生のものも乾燥したものも
「いもがら」と呼ぶのですが、
関西では、どうやら乾燥させたものは いもがら、
生のものは ずいき と言うらしい・・・・・

P1140276.jpg

夏になると これで作った酢の物がよく実家の食卓に並んでいました。
私も酢の物は大好き! されど、我が家の男衆は 酢の物が苦手・・・
そこで、今回は薄味で煮て、冷た~く冷やしてみました。

P1140289.jpg

千切りの生姜が味のアクセント

いもがらそのものには 味がないのですが
美味しい出汁を吸って、ジューシーに仕上がりました。

いもがらのシャックッとした歯触り、
冷たいおつゆが口の中に広がって、
いくらでも 食べられそう

いもがらには 鉄分やミネラル分が豊富に含まれるので
私の田舎では 女性、特に産後のお母さんは
たくさん食べた方が良いとされていました。



さて、いもがらの煮物の作り方

材料
いもがら


おつゆ(うどんのつゆ程度の濃さ)



1 いもがらの皮をむきます。
  少しずつつまんで、下の方にひっぱれば簡単にむけます。
P1140277.jpg


2 塩茹でします。浮いてくるので、落としぶたをします。
  5分くらい
P1140280.jpg

3 ざるにあげます。ここで、すこし食べてみて、
  ピリッとしたあくを感じなければOK
もし、舌にさすようなあくを感じたら、もう一度茹でます。
  さらに5分くらい
P1140281.jpg


4 水気をきったいもがらを うどんだしくらいの味付けの
  おつゆで煮ます。
  10分くらいかな・・・
P1140283.jpg


5 おつゆごと冷蔵庫で冷やします。

6 食べやすい大きさに切って盛りつけ
  千切り生姜をのせて召し上がれ
スポンサーサイト
2010-07-25(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

私の実家では、酢みそ和えが定番でした。
でも、私はつくったことがありません。
まさに、母の味です。

こういうお料理、時々無償に食べたくなりますね。
誰か作って欲しいな。
2010-07-26 21:01 | すいかたべ | URL   [ 編集 ]

すいかたべさんへ 

誰かに作ってもらったお料理って
特別美味しい気がしませんか?
思いやりのエッセンスが効いているのかな~
2010-07-27 07:00 | hanakaji | URL   [ 編集 ]

プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。