スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ボストン美術館 浮世絵名品展

神戸市立博物館で開催されているボストン美術館 浮世絵展を見てきました。
P1150489.jpg

P1150490.jpg
市川男女蔵の奴一平
東洲斎写楽 寛政6年5月



P1150491.jpg
青楼仁和嘉女芸者 茶せん売
黒木売 さいもん
寛政5年
喜多川歌麿



博物館玄関ロビーに置かれた拡大レプリカ
P1150488.jpg
浮世絵美人とツーショットが撮れます。
写真撮影はここまで・・・





これまでほとんど公開されてこなかったボストン美術館秘蔵の浮世絵版画
保存状態も良く、二百年の時を経たとは信じられない美しさでした。

多色摺技術の見事さ、個性的なデザイン、繊細な色の表現、どれを取っても
みごととしか言いようがありません。

緻密な彫り師の職人芸、浮世絵師の見事な下絵、摺師の技、
そして、それらすべてを統括して売り出す版元の力、

どれひとつ欠けることの出来ない芸術作品です。

生き生きと描かれた江戸時代(天明、寛政)の華やぎを感じることができます。

かけそばが一杯16文だった時代、浮世絵の値段は20文
今に置き換えてみると、6~700円というところでしょうか
人々は 人気アイドルのブロマイドやポスターを買うような感覚で
浮世絵を買い求め楽しんでいたことでしょう。

それにしても、すごい美意識の高さです。




こんなにたくさんの浮世絵版画を見る機会はそうそうありません。

ボストン美術館の文化財保護のための厳格な規定により、
本展出品作品については今後5年以上展示の機会はないとのこと。

この機会に是非お見逃しなく!
スポンサーサイト
2010-09-13(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

行きたい、行きたい!

でも神戸かぁ。
京都でもやってませんでしたっけ。
大阪に来たらなぁ。
涼しくなってきたから、神戸に行くのもいいかも...
ですね。
2010-09-13 13:32 | すいかたべ | URL   [ 編集 ]

すいかたべさんへ 

関西は神戸だけで、9月26日までです。
次は名古屋へ行くようですよ。

神戸、遠いですかね~

もし、ご都合がつくようなら ぜひ どうぞ!

色彩の美しさに圧倒されますよ。

歌麿の作品、それも結構有名どころが 
これだけずらりと並ぶ事はないかもしれません


2010-09-13 20:04 | hanakaji | URL   [ 編集 ]

 

ありがとうございます。
26日までならもう、そんなに日にちがないですね。
行くなら急がなくては...
2010-09-15 14:46 | すいかたべ | URL   [ 編集 ]

すいかたべさんへ 

もし、行かれたら 音声ガイドはおすすめです。
すべての作品の案内はありませんが、
重要な作品やその背景など わかりやすく解説してもらえます。
2010-09-15 16:35 | hanakaji | URL   [ 編集 ]

 

ありがとうございます。
でも、もう期間中に行くのは無理そうです。
またの機会に御縁がありますように。
2010-09-23 15:26 | すいかたべ | URL   [ 編集 ]

すいかたべさんへ 

また、別の機会にきっとご縁がありますよ。
2010-09-23 17:19 | hanakaji | URL   [ 編集 ]

プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。