スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

磯江毅(いそえつよし)=グスタフ・イソエ展

テレビで紹介されて、
東京に行ったら、ぜひ訪れたいと思っていました。

磯江毅ーグスタフ・イソエ展

練馬区美術館で10月2日まで開催されています。
300px-Nerima_art_museum.jpg



P1210366.jpg


磯江毅(いそえつよし1954-2007)は大阪に生まれ、
大阪市立工芸高等学校を卒業後まもなく単身でスペインに渡り、
30年余りの長きにわたる滞西の間に油彩による写実絵画を探求しました。
やがてリアリズムの俊英画家グスタボ・イソエとして認められ、
国内外で高い評価を受けました。
2005年には広島市立大学芸術学部の教授に就任し、
日本での活躍が期待されましたが、2007年惜しくも53歳で急逝。

本展は、磯江毅の本格的な回顧展として、
磯江の初期から絶作までの代表作約80点を一堂に集め、
彼の芸術の軌跡をたどるとともに、その稀有な画業を追想するもの。


P1210365.jpg


徹底した写実的な作品、
圧倒されました。

見るものを惹きつけてやまない力強さ
質感の素晴らしさ
見ていて鳥肌がたつような感動を覚えました。
言葉をもっと使うことができたなら
いえ、とても言葉では 言い表すことはできません。


できるなら、この場にずうっと佇んでいたい・・・

そんな展覧会でした。

もし、チャンスがあるなら ぜひとも行くことをお勧めします。

会場には、未完成の遺作が何点かありました。
あまりに早い死、惜しまれます。




練馬区美術館 http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/index.html




スポンサーサイト
2011-08-08(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

hanakaji

Author:hanakaji
花も団子も好き!
日常の小さな発見をブログに出来たら楽しいかなと思ってます。
よろしく!

Book Mark !
FC2カウンター
自作オセロ
文楽みくじ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。